58th poster

 

 毎年、9月10日は「下水道の日」となっています。

 「下水道の日」は、昭和36年(1961年)に、著しく遅れていた下水道の普及(全国の普及率 6 %)を促進するため、当時の建設省(現在の国土交通省)、厚生省(現所管は環境省)及び公益社団法人日本下水道協会の前身団体が協議し、「全国下水道促進デー」を定めて全国的なPR展開を行ったことが由来となっています。

 その後、平成13年(2001年)に、「下水道法」が制定された明治33年(1900年)から100年を迎えたことを記念する行事が行われ、21世紀のスタートに際して近年の下水道に対する認識の高まりを見据えた、より親しみのある名称として「下水道の日」に名称が改められて現在に至っています。

 9月10日となった理由については、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」を念頭に、台風の多い日とされる雑節のひとつである二百十日(立春を起算日として210日目、日付では9月1日頃をいう)を過ぎた220日が適当であるとされたことによります。

 皆様におかれましても、「下水道の日」には、自然環境や、私たちの暮らしを支える下水道に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 詳しくは公益社団法人日本下水道協会ホームページ 「下水道の日」についてをご覧になってください。